TOP > 玉城なつみオフィシャルブログ > ストレッチでさらに女性らしく!

ストレッチでさらに女性らしく!

LINEで送る

DIETA パーソナルトレーニングジム/パーソナルトレーナー 玉城なつみです。

 

私の最近の出来事です・・・

 

私も夏に向けて本格的にダイエットをしているのですが・・・

 

ある日・・・・

トレーニング前に全身鏡をみて・・・自分のむくみ、張っている脚にビックリしました!

 

キレイになりたくて、トレーニングをしているはずなのに・・・その時見たスタイルは、理想とかけ離れているものでした(+_+)

 

 

そこで・・・
自分の脚の状態をみて、トレーニングを振り返って・・・気付いたのです。

 

 

「ストレッチだ!」と( ;∀;)

 

それから念入りにトレーニング前後は必ず、朝時間がある時や就寝前など・・・なるべくストレッチを意識して加えるようにしていきました。

 

日に日に筋肉に柔軟性が出てきて、むくみもなくなり、脚のスタイルは徐々に良くなっていきました(^^♪

 

ストレッチの重要性を改めて実感した出来事でした( ;∀;)

 

そこで・・・本日は、

『ストレッチの重要性』その内容についてお話していきたい思います。

 

 

 

≪ストレッチのいい話≫

 

ストレッチがダイエットにも健康にもいい事は誰もが知っていると思います。

 

では、なぜ体にいいのでしょうか?

 

日常の活動の中で、座りっぱなし・・・立ちっぱなし・・・いつもの体の癖で筋肉はどんどん収縮し硬くなっていくのに対して、伸びるという動作は自然に行う事は難しいのです。

 

そんな風に毎日を過ごしているとどうでしょう?

 

 

筋肉はどんどん収縮し、柔軟性がなくなりますね。


柔軟性がなくなった筋肉は血流の流れが停滞気味に・・・それが続くと、血液がドロドロになり老廃物が溜りやすい状態になります。

これが原因で、肩こり、腰痛などの痛みを引き起こしてしまうのです(>_<)

 

また、私のようにトレーニングで動かした筋肉をストレッチせずそのままにしておくのも筋肉の柔軟性をなくしてしまう原因の1つになります。

 

健康の為にも、キレイな体を目指す為にも、柔軟性を高める事が第一歩だと言えますね(^^♪

 

 

体が柔らかいという事は、具体的にこんな良い事にも繋がっていくのです(^^♪

 

①日常の動きが改善され、代謝アップに繋がる!

 

体の柔軟性が高いと骨と骨を結ぶ関節の可動域も広くなります。
すると、筋肉の伸び縮みがスムーズになり、普段の動きからまるで変わってきます。

そうやって、日常の動きが活発になることによって、消費カロリーが大幅に変わってくるというわけなのです。

 

 

②血液の流れが良くなる!

 

これは、先ほどもお話した通り・・・柔らかい体には筋肉の緊張がなくなり、血液の流れもスムーズになります。

血液ドロドロからくる代表的な疾患としては、『肩こり』・『首こり』・『むくみ』・『腰痛』などなど・・・・
ストレッチで体を柔軟にしておくだけで、これらの悩み解消にもつながるのです!

 

 

③健康だけではなく、美容にも効果的!

 

サラサラになった血液は、体内の老廃物もスムーズに流してくれるメリットもあります。老廃物が体内から排出されることで、細胞が活性化され、新陳代謝アップに繋がります!

 

 

また、女性の多くの方が崩れがちなホルモンバランス・・・

ストレッチには、ホルモンバランスも整えてくれる効果があるのです!

 

ホルモンバランスが整うという事は・・・

美肌の命といわれている『コラーゲン』の生成する働きが活発になり、肌のハリ、ツヤツヤの髪を体内から作り出す効果を更に促進させてくれるのです!

 

 

④ストレスを感じにくい体に!

 

ストレッチのいいことは、これだけじゃありません(^^♪

ストレッチは、副交感神経(又は、リラックス神経)が高まり、リラックス効果が得る事が出来るのです。

また、体内のホルモンバランスも整えてくれますので、ストレスも緩和しリラックスをした日常が過ごせる事にも繋がるのです!

ストレッチ

 

 

 

 

 

 

~~ストレッチのコツ~~

 

ストレッチには、こんなたくさんの体にいいことがあるんですね(^-^)

 

ですが・・・
ストレッチもやり方次第で得る効果が変わってきます!
効率よくこれらの効果を出すのなら・・・正しく効果の高いストレッチをしていきたいですよね(^^♪

ここでストレッチをする上での要点を抑えておきましょう!!

 

 

その1)自分の柔軟性を知ること!

 

体の柔軟性も人それぞれ・・・

自分自身の柔軟性を把握し、どの部分の筋肉が硬いのかを知ることが大切です。

 

硬い筋肉・・・この硬い部分の筋肉は、あなたの疲労度は高い可能性大です!

 

闇雲に筋肉を伸ばすのではなく、硬い筋肉を少しずつ緩ませてあげるイメージで行いましょう!

 

 

 

その2)15~20秒キープする!

 

実は、伸ばす時間帯でも効果が変わってきます。
10秒ほどの短い時間だと筋肉は十分に伸ばすことが出来ませんし、長すぎても筋肉が緩みすぎて逆に力を発揮しにくくなる場合があります。(この場合は、就寝前などには効果的です。)

 

 

目安の時間帯は、心地よく筋肉が伸びていると実感できるところまでストレッチをし、約15~20秒キープしていきましょう。

 

その3)どこの筋肉が伸びているか意識する!

 

現在は、ストレッチの方法を本やテレビ、番組、雑誌など、いろいろなメディアで紹介されていますね。

 

いくら良いストレッチ方法でも、伸びている筋肉が意識できなければ意味がありません。

 

「どの筋肉がしっかり伸びているのか?」

また・・・「目的とされる筋肉がしっかり伸びているか?」

意識してみて、伸びていないと感じた場合には、強度を上げてみたり、角度を調整していくなど自分によりあった伸ばし方を見つけていくことが大切です!

 

 

その4)左右交互に行う!

 

各ストレッチはすべて、左右交互に行っていきます。
「右脚を伸ばしたら、次は左脚・・・」といったように交代ずつ行っていきましょう。

 

交互に行う事で、片方だけが伸びすぎてしまうという事を防ぐための意味合いもありますが・・・交互に行うと左右のバランスが比較的自覚しやすく、その状況を確認しながら行うというメリットもあります。

 

その5)呼吸も一緒に!

 

ストレッチで筋肉が伸びている時は、基本・・・息を吐きながらリラックスした状態で行います。これによって、筋肉が更に緩み、血液循環、筋肉への酸素と栄養の供給が増大します。

 

 

ストレッチの最中に呼吸を止めてしまう方がいます。
そうすると筋肉が緊張してしまいなかなか緩もうとしなくなることも・・・・

ストレッチの際の呼吸は、伸びている時に『深く』『長く』『ゆっくり』この三拍子を意識していきましょう!

 

 

ストレッチは、比較的早く効果が得やすいものです!

毎日の日常生活の習慣としていれていけるといいですね(^^♪

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
玉城 なつみ

株式会社DIETA パーソナルトレーナー

NSCA-CPT
ピラティスベーシックマットインストラクター

2014 BEST BODY JAPAN 日本大会ファイナリスト
女性のボディーライン作りを専門としています!女性の体に合わせた食事アドバイス、エクササイズ(トレーニング・ピラティス・ウォーキング)を通して姿勢、動きの改善をし、日常生活から綺麗な体が作れるようサポートします。

【DIETA麻布十番店】
東京都港区東麻布3-7-11 パークサイドビル2F

麻布十番徒歩1分
無料カウンセリングはこちらから
http://dieta.jp/

仕事の依頼はこちらまで
natsumi.tamaki@dieta.jp

 

LINEで送る

無料カウンセリング