TOP > 玉城なつみオフィシャルブログ > 健康、ダイエットに注目したアイスの選び方♪

健康、ダイエットに注目したアイスの選び方♪

LINEで送る

DIETA パーソナルトレーニングジム / パーソナルトレーナー 玉城です。

 

暑い日が続いていますね。

こんな暑い日に、食べたいものといえば・・・

アイスクリーム☆

 

私もアイスには目がないのですが・・・(笑)

最近は、美容や健康の為、アイスを選ぶ際に気をつけていることがあります(^-^)

 

本日は、私流の「アイスのオススメチョイス!」をお伝えしていきます!

 

 

アイスといっても・・・・

ソフトクリームやコンビニのアイス、氷のアイスまで・・・種類は様々。

 

その中でも、アイスは大きく分けて4種類に分けられます!

 

それは、成分表のラベルにある『種類別』の欄に記載されています。

 

アイスの種類

 

①アイスクリーム

乳固形分15%、乳脂肪8%以上のものがほとんど。
4種類のうち、乳脂肪分が最も多く含まれているタイプのものです。
比較的、乳成分が多いため、牛乳そのものの栄養素が多く含まれているタイプのものです。

 

《主なアイス》

ハーゲンダッツ、レディーボーゲン、MOW、PARM、牧場しぼりなど。

 

ハーゲンダッツ2

 

②アイスミルク

乳固形脂肪分10%以上、乳脂肪分2%以上のもの。
アイスクリームよりも乳成分が少ないタイプ。
足りない脂肪分を補うために『植物性脂肪』が配合されています。

 

《主なアイス》

チョコモナカジャンボ、ジャイアントコーン、雪見だいふくなど。

 

ジャンボモナカ2

 

 

③ラクトアイス

乳固形分3%以上のもの。
乳由来の成分は少なく、『植物性脂肪』が多く使われています。

 

《主にアイス》

爽、スーパーカップ、パナップ、クーリッシュなど。

 

スーパーカップ2

 

 

 

最後に・・・

④氷菓

乳固形分3.0%未満のものは、「氷菓」と規定されています。
果汁を凍らせたアイスキャンディーやシャーベットなどは、法的には「氷菓」と表記され、

上記3種類のアイスクリームとは異なり、比較的カロリーが低いものが多いのです。

 

《主にアイス》

スイカバー、ガリガリ君、あずきバー、メロンボール、シャビィなど。

 

スイカバー2
ここで・・・

ポイントとなるのが、乳脂肪と植物性脂肪の割合です。

栄養素成分の脂質の項目も、是非チェックしてみてください!

 

乳脂肪は、純粋に牛乳の脂肪分を使っています。

これに対して、パーム油やヤシ油が使われている植物性脂肪は、
アイスの牛乳の風味や、色を付けるために添加物も大量に使用されている可能性が高いのです。

 

つまり、植物性脂肪が少なければ少ないほど、より牛乳本来のもので作ったアイスになるということですね。

 

ここで私が一番におすすめしたいのが・・・(‘ω’)ノ

成分が乳脂肪で出来ていて、なおかつ植物脂肪が全く使われていない❝①アイスクリーム❞をオススメします(^-^)

 

 

ダイエットを考えているのであれば・・・
注目するポイントは、『カロリー』にです。

ダイエットでは、一番カロリーの少ない❝④氷菓❞をオススメします!

 

ちなみに・・・
ダイエットを気にしているのであれば、15時~18時に食べるのが最もいい時間帯です。
この時間帯は1日で最も体温が高く、代謝が高いときです。

あとは、体を冷やさないように温かいお茶なども加えて、体を冷やさないようにしてくださいね(^-^)

 

 

ぜひ、アイスを食べる際に、ご参考にしてみてください(^ ^)

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
玉城 なつみ

株式会社DIETA パーソナルトレーナー

NSCA-CPT
ピラティスベーシックマットインストラクター

2014 BEST BODY JAPAN 日本大会ファイナリスト
2017 BEST BODY JAPAN 千葉大会入賞
女性のボディーライン作りを専門としています!女性の体に合わせた食事アドバイス、エクササイズ(トレーニング・ピラティス・ウォーキング)を通して姿勢、動きの改善をし、日常生活から綺麗な体が作れるようサポートします。

【DIETA麻布十番店】
東京都港区東麻布3-7-11 パークサイドビル2F

麻布十番徒歩1分
無料カウンセリングはこちらから
http://dieta.jp/

仕事の依頼はこちらまで
natsumi.tamaki@dieta.jp

LINEで送る

無料カウンセリング