TOP > 玉城なつみオフィシャルブログ > 生理痛に悩まされているあなたへ

生理痛に悩まされているあなたへ

LINEで送る

DIETA パーソナルトレーニングジム/パーソナルトレーナー玉城なつみです。

 

 

季節の変わり目でもあるこの時期・・・皆さん体調管理は十分にできていますでしょうか?

 

体調管理といえば・・・

 

最近の女性のお客様の悩みで多く上げられるのが『生理痛』・・・

本日は、女性特有の『生理痛』について書いていきます。

 

 

 

≪生理痛の実態≫

 

 

生理とは、毎月ある子宮からの正常な出血の事です。

 

 

子宮の内部には、『子宮内膜』という赤ちゃんを育てるベッドが作られます。

妊娠しなかった場合は、剥がされて血液と一緒に外に出されます。

 

 

 

このような『ベッドメイキング』と『お掃除』はだいたい28日周期で繰り返されるのですが・・・

 

このお掃除のとき(生理時)・・・その際に感じる下腹部や腰の痛みなどが生理痛の実態です。

 

 

現在では・・・

生理中に腹痛を感じる人が約67.3%

腰痛が46.3%全身の怠さを感じる人36.3%

その他、下痢などの症状、イライラ、憂鬱感、怒りっぽくなるなどのメンタル面の症状を感じる人もいます。

 

 

このような症状は生理初日から2日目にピークが来ることが多いようです。

 

 

 

 

≪生理痛のそれぞれの原因≫

頭痛

 

生理痛は、大きな原因として考えられる事が4つあります!

 

① プロスタグランジンの分泌量が多い

 

子宮を収縮させる際、剥がれ落ちる子宮内膜を血液と共に体の外に押し出す働き・・・『プロスタグランジン』というホルモン物質が分泌されます。

 

 

このプロスタグランジン・・・この物質が根本的な生理痛の原因であると言われているのです。

 

プロスタグランジンが全身の血管を収縮、子宮を収縮させて生理を引き起こすのです。

ですが・・・その分泌量が過剰に多くなってしまうと子宮の収縮が過剰になり、生理痛が起こります。

 

 

②子宮の出口がせまい

 

若い女性や出産経験がない女性に多い原因です。

 

子宮の出口が狭い為、『月経』がスムーズに外に流れにくいことから痛みを感じる事があります。

出産を経験すると子宮の出口が広がる事で、生理痛は軽くなるケースもあるそうです。

 

③冷え

 

体の冷えで起こる症状の1つが、「血行不順」・・・

 

冷えで血行が悪くなってしまうと酸素と栄養素不足で子宮の機能が低下してしまうため経血をスムーズに体外に排出できなくなります。

 

 

すると、体の方は子宮を収縮させ経血を排出しようと・・・プロスタブランジンを多く分泌させようとします。

 

 

①でお話したように、プロスタグランジンの分泌が多くなってしまうとそれだけ子宮の収縮が過剰になり生理痛に繋がるという訳です・・・(>_<)

 

 

 

④ストレス

 

ストレスは、ホルモンや自律神経のバランスを崩し、血行を悪くさせます。

 

 

更に体温調節の機能なども低下させ、不快な症状を感じやすくさせてしまう事も・・・
結果的に冷えや血行不順といった症状に繋がってしまうのです。

 

 

 

 

 

≪生理痛を軽減する生活習慣≫

①規則正しい生活を送りましょう!

 

生理を引き起こす女性ホルモンの分泌は、生活の乱れに影響を受けやすいもの・・・
分泌が乱れると生理痛だけではなく、様々な生理トラブルの原因を引き起こします!

 

生活リズムが安定すると自律神経が安定が整い、ホルモンバランスが安定します(^-^)まずは、早寝早起きを心がけ生活リズムを整えましょう。

 

②体は常に冷やさないように心がけましょう!

 

先ほどの内容にもあったように・・・

体が冷えると血液循環が悪くなり、生理痛を悪化させる原因になります。

 

温かい飲み物、食べ物を気を付けていくのもそうですが・・・

 

素足にミニスカートやショートパンツといった洋服のチョイスも体を冷やす原因に繋がります。

 

生理時は、腹部を冷やさない洋服のチョイス、あとは湯船などにつかって体を温める努力をしていきましょう!

 

お風呂は温かめのお湯にゆっくり浸かることをオススメです(^-^)
10~15分浸かっているうちに、ぽかぽかしてくるような温度がいいですね。

 

③定期的に運動をしましょう!

 

運動も血行循環を改善する一つ・・・生理痛対策に有効です!

 

ストレッチやジョギングなど無理のない軽い強度で続ける事が大切です。
たとえば・・・「通勤時に意識して歩いてみる」「お風呂上りにストレッチをしてみる」
といったように出来る範囲内から始めてみましょう!

 

 

④食べ物や飲み物に気をつける!

 

コーヒーやコーラなどに含まれる『砂糖』や『カフェイン』・・・

 

これらの成分を摂りすぎてしまうとイライラや情緒不安定の原因にもなります。

 

また、ケーキ、クッキー、チョコレートなどの砂糖にも要注意!
砂糖は、血糖値を急降下させてしまう働きがあります。

 

 

急な血糖値の急降下は、体温も一緒に下げてしまうのです(T_T)

 

 

日本食など高たんぱく質、低脂質のメニューには、熱を生成するビタミン、ミネラルなどの栄養が豊富に含まれております!

ぜひ、コンビニ弁当やインスタント、甘い物でお腹を満たさず、栄養バランスを考えたお食事をチョイスしていきましょう。

 

 

 

生理痛でお困りの方!

ぜひこちらを参考に実践してみてはいかがでしょうか。

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
玉城 なつみ

株式会社DIETA パーソナルトレーナー

NSCA-CPT
ピラティスベーシックマットインストラクター

2014 BEST BODY JAPAN 日本大会ファイナリスト
女性のボディーライン作りを専門としています!女性の体に合わせた食事アドバイス、エクササイズ(トレーニング・ピラティス・ウォーキング)を通して姿勢、動きの善をし、日常生活から綺麗な体が作れるようサポートします。
【DIETA麻布十番店】
東京都港区東麻布3-7-11 パークサイドビル2F

麻布十番徒歩1分
無料カウンセリングはこちらから
http://dieta.jp/

仕事の依頼はこちらまで
natsumi.tamaki@dieta.jp

 

LINEで送る

無料カウンセリング