TOP > 玉城なつみオフィシャルブログ > 『糖質』『脂質』どっちが太る?

『糖質』『脂質』どっちが太る?

LINEで送る

DIETA パーソナルトレーニングジム / パーソナルトレーナー 玉城なつみです。

 

そろそろ秋の季節ですね(^^♪

「食欲の秋」という言葉があるように・・・
秋はおいしい食材がいっぱい☆

食べる季節だからこそ、体重の管理もしっかりしていきたいですよね。

 

ということで・・・
本日は、ダイエットのお話。

 

 

栄養素の中でも、体脂肪として蓄えられる栄養素は3つ。
『糖質』 『脂質』 『タンパク質』です!

この3つは、カロリーが高く体にとっても必要な栄養素として欠かせない物です。

 

 

その中でも特に『糖質』『脂質』は、太りやすいという認識があると思いますが・・・

一体どっちの方がより太りやすいのでしょうか?

 

本日は、『糖質』 『脂質』 の太るメカニズムについて、

またダイエットにはどちらをカットするのがお得かをご紹介していきたいと思います。

 

 

糖質で太るメカニズム

お好み焼き

 

まずは、糖質でなぜ太ってしまうのか?
そのメカニズムについてお話していきたいと思います。

 

『糖質制限ダイエット』という言葉があるように・・・
近年では、糖質が太りやすいという事が周知されてきました。

 

理由としては、
「糖質は消費されないと脂肪になって蓄えられるから」ということが挙げられます。

 

糖質は体のエネルギー。

いわば、体のガソリンです。
タンパク質や脂質に比べて、消費カロリーとしていち早くエネルギーを作り出してくれます。

 

 

しかし、そのガソリン(糖質)が使われないでいると、脳は体に指令を出し、次に使うときのために保存しておくように指示します。

 

この時、糖質は体脂肪となって蓄積されてしまうのです。

これが、糖質で太ってしまうメカニズムです。

 

 

こうやって考えると、夜遅くの夕食、また飲み会の後の絞めのラーメン・・・などの

夜遅くの食事がいかに太りやすいかがわかると思います。

 

寝るという事=体を全く動かさないという事。
こういった状態に入る前に体内に糖質があったら・・・朝には脂肪にかえられてしまいますね。

 

 

 

脂質で太るメカニズム

揚げ物

次に脂質で太るメカニズムについて。

 

揚げ物などの脂っこい食事は、どう考えてもダイエットには天敵と考える方は多いはずです。
実際にその通りで、脂質は「脂」という文字通り、太るための手助けをしています。

 

まず理由としては、「カロリーが高い」ということ!
『カロリー制限』という言葉がある通り、カロリーはダイエットにおいても重要なポイントです。

 

≪3つの栄養素のカロリー≫

糖質⇒1gあたり4㎉

脂質⇒1gあたり約9㎉

タンパク質⇒1gあたり約4㎉

 

このように、糖質、タンパク質に比べて1gあたりのカロリーは倍以上あります。

 

そのため、脂質ばかり食べていると、摂取カロリーが消費カロリーよりも上回ってしまい、

この差のカロリーがどんどん蓄積されてしまう事で、体重が増えていくというわけなのです(*_*;

 

 

 

『糖質』『脂質』どちらが太りやすいの?

 

結論としては・・・

実は『糖質のほうが太りやすい』と言えます。

 

脂質の役割は、体のエネルギーの他、皮膚や髪の毛から体内ホルモンや細胞など細かい部分まで・・・

体一つ一つを作る役割があります。

ですから、食べた脂質が丸々そのまま体脂肪に変わるわけではないのです。

 

それに比べ糖質のほとんどの役割は体のエネルギーに限るので、

過剰に食べてしまうと、体脂肪へどんどんと変換されやすいのです。

 

また、糖質を食べると血糖値(血液内の糖質の割合)が急上昇しやすくなります。
インスリンという体内のホルモンが、

各細胞に「血糖が高すぎるから取り込んで保存しておこう!と命令をします。

こうして各部位に糖質が蓄えられ、消化されないと脂肪となります。

 

このように、脂質よりも糖質の方が変化しやすく太りやすいのです。

 

 

 

 

最後に注意しておく事!

 

ここで注意してほしい事!

糖質のほうが太りやすいということをお伝えしましたが、もちろん脂質にも注意しなければなりません。

 

脂質の方が脂肪に回らないとはいえ、心配しなくてはいいわけではありません。

むしろ状況によっては、脂質の方が気をつけなければならない場合もあります。

 

脂質はカロリーが高いので、摂取するとどうしても摂取カロリーが高くなりやすく、
消費が追いつかなくなります。

 

そこに糖質も一緒に摂取していたのであれば・・・

脂質のカロリーによって糖質の分まで消化されないことになり兼ねません( ;∀;)

 

また、『糖質』と『脂質』の組み合わせは、最強に太ってしまう組み合わせです。

例えばラーメン・・・スイーツ・・・ピザなど・・・

 

先ほどもお話しましたが、糖質を摂るとインスリンが分泌され、血糖値が上がります。
血糖値が上がった状態は脂肪を溜め込みやすい状態になってしまいますので、

ここで追い打ちをかけるように脂質をたくさんとってしまうと・・・

脂質は体脂肪として更に蓄積されやすくなってしまいます。

 

 

 

こう考えると、脂っこいラーメンなどを夜食に食べるということは、食べた脂質を丸々脂肪に変換するようなものですね(*_*;
糖質と脂質の同時摂取は太る一番の原因と頭に入れておきましょう。

 

食べるときは、時間を選んだり・・・食べる分運動を摂り入れたりと・・・

体が消費できるような体制を作ってあげることが大切ですね(^^♪

 

ダイエットをしている方、していない方でも、ぜひ参考にお食事の調整に役立ててくださいね♪

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
玉城 なつみ

株式会社DIETA パーソナルトレーナー

NSCA-CPT
ピラティスベーシックマットインストラクター

2014 BEST BODY JAPAN 日本大会ファイナリスト
2017 BEST BODY JAPAN 千葉大会入賞
女性のボディーライン作りを専門としています!女性の体に合わせた食事アドバイス、エクササイズ(トレーニング・ピラティス・ウォーキング)を通して姿勢、動きの改善をし、日常生活から綺麗な体が作れるようサポートします。

【DIETA麻布十番店】
東京都港区東麻布3-7-11 パークサイドビル2F

麻布十番徒歩1分
無料カウンセリングはこちらから
http://dieta.jp/

仕事の依頼はこちらまで
natsumi.tamaki@dieta.jp

LINEで送る

無料カウンセリング