TOP > 玉城なつみオフィシャルブログ > むくみ防止に!お塩の選び方~その1~

むくみ防止に!お塩の選び方~その1~

LINEで送る

DIETA パーソナルトレーニングジム / パーソナルトレーナー 玉城です。

 

 

私事ですが・・・

2月からボディーメイクをスタートしています!!

 

毎朝、鏡を見て体をチェックするのが習慣になってきました(笑)

 

体をチェックする際・・・

「あ~今日はむくんでるな。」と感じることがあるのですが・・・
その時は、前日の食事やトレーニング内容を思い返すのです。

 

 

むくみの原因のひとつが・・・「塩分」というのは、周知は多く、

塩分の量ばかりを気にしている方は多くいらっしゃいます。

 

「むくみ」の状態が続くと・・・

老廃物が流されにくくなり、

「ダイエット」「美容」にも

大きく影響が出てきます。。。

 

むくみには、実は「塩分の量」だけではなく、「塩分の質」も大きく関わってくるのです。

 

 

 

ということで本日は、「むくみ」お悩みの方向けの内容になっております。
『むくみ防止に!お塩の選び方~その1』

本日は、【塩分でむくむメカニズム】をお伝えしていきたいと思います!

むくみ 塩

 

塩分でむくむメカニズム

 

まずは、なぜ「塩分」でむくむのか・・・そのメカニズムをお話していきたいと思います。

 

 

むくみの原因は、体内の細胞と細胞の間の【組織間液】に水がたまることで起こります。

 

「細胞間液」の画像検索結果

 

青い部分が【細胞間液】です。

【むくみ】が出ている細胞間液には、水がたくさん摂りこまれ全体的に膨らんでみえます。

つまり、細胞間液の水分量が多くなれば、「むくみ」という症状が起きてしまうのです。

 

 

 

『細胞間液』に大きく関わる成分は、「カリウム」「ナトリウム」この2つの成分!

 

「カリウム」・・・細胞間液から水分を排出する役割。

⇒ひじき、海苔、昆布などの海藻類/アボカド、納豆、ほうれん草など

 

「ナトリウム」・・・細胞間液に水分を溜めこむ役割。

⇒塩分

 

この2つの成分で細胞間液の水分量のバランスをとっています。

 

ということは・・・

ナトリウムである「塩分」を過剰にとるということは、細胞間液に水分を摂り込もうとする働きが起こり、むくみにつながるわけです(>_<)

 

 

 

また「ナトリウム」は体内の血液中に入り、血液中の塩分濃度を高くしてしまいます。

それを薄めようと、身体は「水分をとれ!!」と反応し、水分が欲しくなるわけです。

 

よく、ラーメンなどのしょっぱいものを食べているとき、のどが渇くのはそのせいです。

 

そうやって・・・

「塩分を過剰にとる!」⇒「水分が欲しくなる!」⇒「急に水分を飲んだことで一気に塩分濃度が下がり、また塩分が欲しくなる!」

という状態がルーティーンで行われ、結果・・・水分が体内に過剰にたまってしまい「むくみ」という症状が出てしまうのです。

 

 

もちろん、これは過剰に塩分を摂り過ぎてしまった場合の話。

「ナトリウム」は、筋肉や神経の働きに関わるため、欠かせない成分の一つ。

完全カットは、よくありません。

 

 

次回は、「ナトリウム」が過剰にならない摂り方、

お塩の選び方をお伝えしていきたいと思います(*^_^*)

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
玉城 なつみ

株式会社DIETA パーソナルトレーナー

NSCA-CPT
ピラティスベーシックマットインストラクター

2014 BEST BODY JAPAN 日本大会ファイナリスト
女性のボディーライン作りを専門としています!女性の体に合わせた食事アドバイス、エクササイズ(トレーニング・ピラティス・ウォーキング)を通して姿勢、動きの改善をし、日常生活から綺麗な体が作れるようサポートします。

【DIETA麻布十番店】
東京都港区東麻布3-7-11 パークサイドビル2F

麻布十番徒歩1分
無料カウンセリングはこちらから
http://dieta.jp/

仕事の依頼はこちらまで
natsumi.tamaki@dieta.jp

 

 

LINEで送る

無料カウンセリング