TOP > 玉城なつみオフィシャルブログ > ダイエットの停滞期克服方法~チートデイ~

ダイエットの停滞期克服方法~チートデイ~

LINEで送る

DIETA パーソナルトレーニング / パーソナルトレーナー 玉城です。

 

ダイエット中にやってくる停滞期。
前回は、『停滞期』の見直し方法をお伝えしていきました。

本日は、『停滞期』に本格的に入った方へ向けた内容になっております。

 

前回のブログでお話した『ホメオスタシス機能』の働きを覚えていますか?
『ホメオスタシス機能』は、ダイエットによって体が急に変化した事で、「危険な状態だ」と察知してしまい、消費量を抑制しようとする働きでしたね。

この働きが起こってしまう事で、ダイエットをしている多く人に訪れるのが『停滞期』です。

 

 

 

そこで!

『ホメオスタシス機能』の働きを利用した克服方法をお伝えしていきたいと思います。

 

その名も・・・『チートデイ』!!

 

『停滞期』が訪れた多くのダイエッターが実践している方法です。

ぜひ、こちらも合わせてご参考にしてみてください。

 

 

 

『チートデイ』とは?

チートデイとは、英語で「Cheat Day」と書き、直訳すると「ずるい日」という意味になります。

 

1日、ハイカロリーな食事を摂り、「危険な状態だ!」と思い込んでいる体を「もっと消費していいんだ!」という判断に切り替える方法です。

簡単にいうと、以前の代謝状態へ戻すように仕向ける方法の1つです。

 

ただし、チートデイは安易な考えでやってしまうとただのドカ食いになってしまいます。

まずは、前回の『停滞期について』『停滞期の克服方法』を見直してみましょう。

『停滞期の克服方法』で実践してみてそれでも体重が落ちないという方・・・
本日はそういう方が対象の内容となっております(^^♪

チートデイ5

 

 

 

チートデイを実行するタイミング

チートデイを行うタイミングは、『停滞期』に入ってから!

 

『停滞期』が起きる時は、

ダイエットをはじめて1~2ヵ月の間に体重の5%の減量に成功した人に多くなると言われています。

例えば・・・

体重60kgの人が1~2ヶ月の間に-3kgの減量を成功した場合、停滞期に入りやすいと言えます。

 

 

ダイエットの出だし(1~2週間)で『停滞期』はまず考えられないのです。
『ホメオスタシス機能』が働いていない方がやってしまうとダイエットはまた遠い話・・・ただの体重アップに繋がりかねません。

 

チートデイをはじめる時は、自身のダイエットの期間、体重の減り具合なども見て本当に『停滞期』なのかをよく判断したうえで行いましょう!

 

 

 

 

チートデイのやり方

 

ダイエットをするうえで、まず切り替えていくのが『消費カロリー』『摂取カロリー』です。

ダイエットの時は、『 消費カロリー』 > 『摂取カロリー』で調整していき体重ダウンしていきますね。

 

チートデイ時は、逆に 『消費カロリー』 < 『摂取カロリー』で調整していきます。

 

チートデイで食べる『摂取カロリー』は、「男性は基礎代謝の約3倍の量」、「女性は基礎代謝の約2.5倍の量」を目安にとっていきましょう。

 

 

例えば・・・

 

女性の方で、基礎代謝が1200calだとすれば・・・

これの、2.5倍ですから、1200cal×2.5=3000cal

チートデイに摂取するカロリーは、『3000cal』になります。

 

 

ただし、チートデイを行う期間は1日。
終えた翌日からは、また元のダイエット中の食事に切り替える事が大切です!

 

よくあることが、「1日ぐらい延期しても大丈夫~」という考えで、食欲が抑えることが出来ず失敗してしまうケースが多くあります。

「チートデイ」を行う前から、1日だけと強く意志をもって行っていきましょう。

 

 

 

チートデイのオススメの食事方法

 

チートデイは、「摂取カロリーの調整をしていく」という事を抑えたところで・・・

 

もう1つ!「お食事の内容」です。

ここで、ポイントとなってくるのが 『糖質』『脂質』 の2つになってきます。

 

 

例えば・・・

糖質制限のダイエットを行って『停滞期』を迎えた人は、炭水化物(糖質)が多く食べていく事が効果的です。

 

また、カロリー制限のダイエットを行っている人は、糖質、脂質、タンパク質の量を増やし、カロリーを多めに摂っていくようにしていきましょう。

 

ただ、チートデイではストレス面も発散していただけるタイミングです。

食べたいものを優先に食べて、気持ちにも潤いをもたらせてあげるのもチートデイの1つのメリットですね。

 

 

チートデイの注意点

 

チートデイを行う際での注意点2つ!

 

①計画的に行う!

⇒期間(通常1日)、食べる内容、食べるカロリーをしっかり決めて行いましょう。

 

 

②中途半端に行わない!

「ホメオスタシス機能」を解除させる為の目安カロリーは、『基礎代謝量×2.5~3』のカロリー。これを大きく下回りすぎるとただの体重増量になりかねません。

いきなり、食事量を増やすのは怖いかもしれませんが・・・ダイエットを頑張ったご褒美だと思って1日思いっきり食べてみましょう。

 

 

③チートデイを行う必要があるのか?判断して行おう!
これが1番大事!チートデイをやるべきか?やらないべきか?まずは、見極める事が大切です。

こちらを参考にまずは、今の状況をチェックしていきましょう。

停滞期とは?

停滞期克服方法~見直し~

 

 

停滞期を乗り越えた人は、ダイエットを制したと言っても過言ではありません!

まずは、自身の状態を見つめ、実践してみてください(^^♪

 

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
玉城 なつみ

株式会社DIETA パーソナルトレーナー

NSCA-CPT
ピラティスベーシックマットインストラクター

2014 BEST BODY JAPAN 日本大会ファイナリスト
女性のボディーライン作りを専門としています!女性の体に合わせた食事アドバイス、エクササイズ(トレーニング・ピラティス・ウォーキング)を通して姿勢、動きの改善をし、日常生活から綺麗な体が作れるようサポートします。

【DIETA麻布十番店】
東京都港区東麻布3-7-11 パークサイドビル2F

麻布十番徒歩1分
無料カウンセリングはこちらから
http://dieta.jp/

仕事の依頼はこちらまで
natsumi.tamaki@dieta.jp

 

LINEで送る

無料カウンセリング